記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんばいさん、美味しかった🎵

平成28年5月11日(土)井仁の棚田交流館で、地元の方と一緒に「さんばいさん」という、ほおの葉でご飯を包む郷土料理を作りました( ´∀`)
「さんばいさん」とは、「田んぼの神様」という意味だそうです。
ご飯を包むため、ほおの葉の茎を斜めに切って葉に差し込みお皿を作ります。
これがなかなか難しい(´д`|||)

地元の方はてきぱきと綺麗な形に編み上げていきます(゜ロ゜;ノ)ノ

悪戦苦闘でできた第一号はこんな感じです😅

お皿ができたらここからが勝負です😆
ゆがいた小豆と、炊きたてご飯をほおの葉で手早くくるみます❗

藁でほおの葉を結び、木の桶の中に入れて毛布で包ます。炊きたてご飯の蒸気を利用しほおの葉の香りをご飯に染み込ませます❗
熱々ご飯でなければ香りを上手く染み込ませられないのです。

1時間ほど蒸らせば出来上がりです( ´∀`)
ほおの葉は抗菌作用もあり、昔は田植えのお弁当によくさんばいさんが作られたそうです。

ほどよい塩気とほおのよい香りがマッチして美味しい‼
みんなで持ち寄ったおかずをほおの葉に少しずつ持ってお洒落な器に大変身🙌
香りも見た目も味も会話も楽しめたさんばいさん作りでした🎶
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。